読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

首都大福東京

TOKYO METROPOLITAN DAIFUKU

首都大福東京

都営地下鉄大江戸線

五十鈴【牛込神楽坂@都営地下鉄大江戸線】

豆大福(こしあん):205円 神楽坂『五十鈴』で「豆大福」を買う。 ふっくらとまあるい姿が、ビニール袋の中にある。 キメ細かい餅の質感が、ビニール越しでもよく判る。 滑らかな輪郭と、淡い白を纏った姿は、磨き上げた白水晶のようだ。 手に取ると伝わる感…

栄光堂【若松河田@都営地下鉄大江戸線】

豆大福(つぶあん):130円 新宿『栄光堂』で売られている「豆大福」は、 大きさ約54㎜でビニールに包まれている。 塗された片栗粉は餅の表面で小さな星屑の様な斑点となり、 「豆大福」を取り巻く小さな天の川を作り上げる。 その後ろでは雲海が詰め込まれた…

御菓子司 利久【練馬@西武池袋線 都営地下鉄大江戸線】

豆大福(つぶあん):120円 直径約60㎜のまあるい座布団みたいな、 平べったい姿をしているのが、 練馬「御菓子司 利久」の「豆大福」である。 「豆大福」の表面にはスジ雲みたいに片栗粉が貼り付いて、 底面から頂点へかけて何本もの細い縞模様が見て取れる。…

麻布 青野総本舗【六本木@東京メトロ日比谷線 都営地下鉄大江戸線】

豆大福(こしあん):180円 創業安政三年の老舗和菓子店「麻布 青野総本舗」。 その「豆大福」が新しくなったらしい。 公式発表によると何でもちょっぴりサイズが大きくなったとの事だが、 実際の所その数値が無いのでピンとこないのが現実である。ビニール袋…

京あづま【麻布十番@東京メトロ南北線線 都営地下鉄大江戸線】

大福(つぶあん):140円「京あづま」の店頭表示で「大福」と名乗るこのあからさまに「豆大福」なヤツは、 全長約55㎜のいわゆる巻いてある「豆大福」の系譜ではあるがその造りは、 “巻く”というには大雑把で、 “包む”というには密閉度が低く、 “覆う”というに…

よしだや餅菓子店【清澄白河@東京メトロ半蔵門線 都営地下鉄大江戸線】

豆大福(つぶあん):160円 「よしだや餅菓子店」で定番と云えば「塩大福」であり真っ先に勧められる商品である。そしてソレに負けない位に支持を得ているのが「豆大福」である。 さてそんな「よしだや餅菓子店」の「豆大福」であるがその印象を一言でいうなら…

麻布十番庵【麻布十番@東京メトロ南北線 都営地下鉄大江戸線】

豆大福(つぶあん・こしあん):230円 新鋭「麻布十番庵」の「豆大福」は端的に言えば真っ白である。こんもりと膨らんだ柔らかいビニール袋の内側では、 剥離した片栗粉が一面に付着して小さなペイティングアートを描き出す。 その奥には真っ白な丸い物体が自…

六本木狸だんご本舗 榮むら【六本木@東京メトロ日比谷線 都営地下鉄大江戸線】

豆大福(こし餡):190円 言わずもがな「六本木狸だんご本舗 榮むら」は、 その名の通り看板商品は“だんご”なので当然の事ながらキモは餅になる。 そんな店の「豆大福」にともなれば掛かる期待の大きさは茶席系菓子店の比ではない。そんな客の期待が詰まって大…

菓子処あかぎ【光が丘@都営地下鉄大江戸線】

豆大福(つぶ):130円 「菓子処あかぎ」の「豆大福」は紙の台に乗りビニール包装され、 少し平べったく扁平した姿で卓の上に平置きで並べられ売られている。 そのうちのひとつを優しく手に取り慎重に裏返すと、 ビニールの封を閉じている原材料の表記を見て、…