首都大福東京

TOKYO METROPOLITAN DAIFUKU

首都大福東京

御菓子司 利久【練馬@西武池袋線 都営地下鉄大江戸線】

f:id:tokio_daifuku:20151204234350j:plain

豆大福(つぶあん):120円


直径約60㎜のまあるい座布団みたいな、
平べったい姿をしているのが、
練馬「御菓子司 利久」の「豆大福」である。
「豆大福」の表面にはスジ雲みたいに片栗粉が貼り付いて、
底面から頂点へかけて何本もの細い縞模様が見て取れる。
その片栗粉の雲間から見える白菫色の餅には所々で、
微かに餡子の姿を偲ばせる様にボンヤリと影が浮かんでいる。
「豆大福」の表面には深い赤茶色を誇示して、
しっかりと存在感を示す赤エンドウ豆が点々と配されている。
餅の中にシッカリと身を埋めているモノもいれば、
所々で餅と片栗粉を溶かしてテカテカ輝きながら顔を見せるモノもいる。
ソイツに触れぬ様に慎重に摘まんでみると、
フニャリと柔らかな餅がシックリ指先を覆う。
ソコから少し押し潰されて歪んだ「豆大福」は、
真っ白ながら赤血球の様な姿になって徐々に垂れ下がり始める。
慌てて手の平に乗せてやるとヒヤッとした冷気と、
サラサラの片栗粉の感触が伝わってくる。

再度摘まみ上げて一口齧り付いてみると、
平べったい「豆大福」を上下の前歯はいとも簡単に貫通する。
一方で全長60㎜を越える「豆大福」の両端は被害を免れて、
「豆大福」が分断され引き離される時に、
ツーッとゆっくりと細く糸を引くように伸びてゆく。
やがて伸び切った餅が噛み口の両端で、
獣の牙みたいな姿で垂れ下がるのを眺めながら、
口の中に納まった半身をモグモグ咀嚼し始める。

ヒンヤリ冷気を帯びた「豆大福」は水気が多く、
まるで液体の様に口の中を流動し始める。
追いかけて噛み付いた餅の弾力は頗る良好で、
「豆大福」内部に仕込まれた餡子を押し出し始める。
解放された餡子は隅々に至るまで甘さと香りを充満させ、
口の中全体をアズキ色に染め上げ始める。
加えて餅を覆っていた片栗粉が水分を得て溶け出し、
外界の潤いに晒された餅は水気を吸って、
更に柔らかな食感へと進化を遂げる。
そこへ当初から水気タップリの餡子が加わり餅を取り込むと、
遂に餅の柔らかさは極限へ達する。
その時に餅の内部に潜んでいた赤エンドウ豆は、
口の中へ放り出されてその硬さが露わになる。
奥歯で次々噛み潰す赤エンドウ豆の歯応えと、
舌に絡まる餅と餡子の融合体のコントラストが鮮やかになる。
赤エンドウ豆は歯応えを保ちながらも柔らかな仕上がりで、
僅かな塩気があるだけで素材の風味を真っ向から感じられる。
噛み潰すと種皮もろともボロボロ砕けて少しの苦味を漂わせた後に、
湧き出る赤エンドウ豆独特の風味が舌を包み込む。

口に入れた当初から柔らかく瑞々しい「豆大福」は、
冷やした“善哉”みたいな食感を発揮するので、
口に入れて数噛みで直ぐに飲み込んでしまう。
改めて噛み口を見るが当然そこには、
瑞々しい潤いを湛えているが餅が餡子を包んだ、
液体では無い固体の姿で「豆大福」がある。

餅は薄めで餡子を包み潤いを保つ光沢を纏っている。
ほんのり漂う塩気を追ってクニクニ噛み締めると、
弾力を保ってコシを発揮する歯応えが心地よく、
水気があり結束力も強く伸びも申し分ない。
噛み続けた先に現れる米の風味も優しくまろやかである。

その餅に守られた餡子は水気をタップリ含んだ粒餡である。
少しトロリとした舌触りで粘り気は少ないが、
舌の上でアズキの粒がコロコロと転がる滑らかな口当たりがある。
甘さはシッカリ感じられるが出過ぎた甘さが無いので、
大変サッパリした後味となっている。

残りの半身を口に放り込んで今度はゆっくり噛み締める。
やはり早々にトロリ液状化を始めて流れ出る餡子は餅を包み込み融合し、
そのまま赤エンドウ豆を置き去りにして口の中を回遊し始める。
飲み込みたい誘惑に負けてゴクリと飲み込めば、
その後には滑らかな舌触りの記憶と、
上品な甘さの残り香を置いて去ってゆくのだった。


御菓子司 利久
東京都練馬区練馬1-28-7
10:00〜19:00
火曜 定休
駅北口を出て右へ進み信号を渡り左へ進む。やがて現れるつつじ公園通りへ入って、2つ目の左折路を進んだ少し先。