読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

首都大福東京

TOKYO METROPOLITAN DAIFUKU

首都大福東京

五十鈴【牛込神楽坂@都営地下鉄大江戸線】

こしあん 新宿区 都営地下鉄大江戸線 豆大福

f:id:tokio_daifuku:20160523001957j:plain

豆大福(こしあん):205円


神楽坂『五十鈴』で「豆大福」を買う。
ふっくらとまあるい姿が、ビニール袋の中にある。
キメ細かい餅の質感が、ビニール越しでもよく判る。
滑らかな輪郭と、淡い白を纏った姿は、磨き上げた白水晶のようだ。
手に取ると伝わる感触は、綿花の様にふわりと柔らかい。
しかし指先にはズッシリと、芯を感じる重さで圧し掛かる。
そっとビニール袋を傾ける。
中の「豆大福」はゆっくりにじり出して、やがて目の前に現れる。
大きさは約58㎜で、白いツクリタケの様に膨らんでいる。

餅の表面には片栗粉が、ビロードの輝きで塗されている。
それが全体を万遍なく覆い、細かい光沢を放つ。
裾の周りでは厚めの片栗粉が、地吹雪の様に沸き立ち、文様を描き上げる。

白い片栗粉の下には、絹織物の質感を湛えた餅が、ツルリと滑らかな曲線の張りを見せる。
ふくよかなシルエットを支えるのは、この静かな緊迫感なのだろう。
そして乳白色の色に満ちた中には、濃淡様々な影が浮かんでいる。
中心にある餡子の姿は淡く、餅に射す影と区別がつかない。
一方で丸い影の赤エンドウ豆は、「豆大福」に点々と配されている。

餅の中に込められた豆達は、とても自由奔放に散っている。
だが外に出たなら片栗粉を被り、中に沈んだなら餅に覆われ、どれもが白い霞の中に映えている。
白く滑らかな曲面上の豆達は、まるで北海の氷原に映る小島である。
ソコにわずかに滲んだ水気の反射が、冷えた輝きを放つ。

指で摘まむと、表面の片栗粉がツルリと滑る。
捉えようと込められた力を、次々華麗に受け流す。
その下にはツルリと滑らかな餅肌が潜んでいる。
だが掬う様に持ち上げれば、指にもたれ掛りしっくり納まった。
ふんわり優しい指触りは、衝撃を餅の内部から受け止める。
押し付けられた力を、「豆大福」全体で対抗して、指の周りの餅を大きく窪ませる。
指先にシットリ纏わり付く餅は、フルフル瑞々しく震えている。
だが餅にはハリがあるので、ヘコみはするがツブれはしない。
指が離れればすぐに、元のまあるい姿に戻ってゆく。

先ずは一口齧り付く。
唇の間で静かに餅が弾む。
ソレを押さえ込んで、ゆっくり力加えると、餅から強いハリが発揮される。
直ぐに前歯を餅に突き立てると、柔らかな歯応えが包み込む。
カーテンを開ける様に広がる切れ目から、豊かなアズキの風味が広がる。

サクッと分断されて、口の中に転がり込んだ「豆大福」が、頬や歯に密着してゆく。
餅自体は厚さも程々で、均一に覆われている。
水気もタップリで、米の甘さと風味もしっかりしている。
顎を動かしモグモグ「豆大福」を突いてみる。
その動きに合わせて餅が震えると、中の餡子が口の中へ零れ出る。

ゆっくり蕩けて広がる餡子は、舌に触れると味覚を甘く染め上げる。
それが餅に絡まると、餅は更に柔らくなる。
餡子はネットリ強かな口当たりの“こしあん”だ。
ネバリはあるが滑らかなので、舌の上にスッと伸びる。
甘さは上品で抑え目だが持続力があり、アズキの風味も豊かである。

そんな中、豆は硬いまま激変する環境の中、ジッと身を潜めている。
餅が動けば豆も動き、ゴツゴツ硬い感触で頬を撫で上げる。
赤エンドウ豆の風味が豊富で、ほんのり塩気が漂う。
種皮は硬いが中は柔らかく、プチッと弾ける様に潰れる。

咀嚼の嵐を耐え忍び、細かくなっても餅の弾力は失われす、シコシコと心地よい歯応えを奏でる。
すっかり液状化した餡子の中を、細く伸びた餅が回遊する。
ツルンと滑らかな餅の舌触りと、ザラザラと細かく砕けた豆の食感が、
ネットリと質感のある餡子の中で一つになる。

“こしあん”の滑らかな口当たりが、やがて嚥下を促し始める。
そして川を遡るウナギの稚魚の様に、餅は喉を渡り始め、次々胃の中へ飛び込んでゆく。
後には“こしあん”のほのかな残り香が、何時までも漂い続ける。

花柳界の雰囲気が残る神楽坂の、登り切った所で出会える「豆大福」は、粉白粉を湛えたパフを思わせる。
まあるくて愛らしい姿が、文字通りの“半玉”なのは、果たして偶然なのだろうか。
そんな事を、目の前の“半玉”を眺めつつ思うのだった。



五十鈴
東京都新宿区神楽坂5-34
9:00〜19:30
日曜 祭日 不定休(こどもの日、お彼岸は営業)
A3出口から出て大久保通りを右へ進む。神楽坂上交差点を右へ折れて、早稲田通りを進んだ先。

空薫【日暮里@京成本線 山手線 京浜東北線 常磐線 日暮里・舎人ライナー】

京成本線 山手線 京浜東北線 常磐線 日暮里・舎人ライナー つぶあん 豆大福 台東区 まめ大福

f:id:tokio_daifuku:20160515231302j:plain

まめ大福(粒あん):190円


谷中の『空薫』で売られる「まめ大福」は、
薄いビニールで包まれ店先に並ぶ。
光の反射をぬって伺える姿からは、
表に浮き出た黒い豆の姿が良く見える。

先ずはその薄衣を剥ごうと、
そっと「まめ大福」を摘まみ上げる。
小ぶりな割に意外と重たい。
ズシリと確かな荷重が指に掛かり、
中で「まめ大福」がソワソワ動き、
薄いビニールをパリパリと鳴らす。
そっと裏返してビニールを取り払い、
ゴロンと転がり出た所を受け止める。

半球体に近い姿の「まめ大福」は、
大きさが約50㎜と小ぶりな出来上がりだ。
しかしそこに込められた全ての素材が、
躍動感に溢れ「まめ大福」を形成する。
餅の上に散らばる赤エンドウ豆は、
表面に浮き出ては黒々した光沢を露わにし、
餅の中に沈み込んだなら影を淡く映す。
それらが集団を形成するように、
餅の上で寄り合い文様を描き上げる。

その上を覆う片栗粉は全体では薄いが、
豆の周りでは白が濃くなり流動線を描き出す。
それは「まめ大福」の表面を、
赤エンドウ豆が移動する軌跡の様に見える。
一方でそこから離れた場所の片栗粉は、
まるでハドレー循環の様な軌跡となり、
図らずも「まめ大福」上にカルマン渦を作る。

それら現象の足場となる餅は、
薄い灰色できめが細かい。
薄い琺瑯が掛けられた様な質感の上に、
舞い落ちた片栗粉の細かい光沢が散る。
そのまま芯を挿せば炎が燈りそうだ。
とはいえ触れれば餅は当然柔らかく、
しっとり滑らかく指先を包む。
その先に潜む餡子の感触は結構硬い。
餡子と餅から生じる質感の違いは、
天体上の大気圏と地殻の関係を思わせる。
確かな芯を持つ「まめ大福」は、
少しの圧力は跳ね返す位の強度があり、
今も指の間で初対面時の姿を保っている。

齧り付くと餅は緩やかに弾み、
押し潰そうとする力を受け止める。
そして中に潜む密度の高い塊と、
唇の間で伸されて薄くなる。
そこから更に力を加えると、
モリモリ塊を掻き分けて沈下を始める。
やがてトンネルを掘り進む様な感触の中、
ブリッと「まめ大福」は分断され、
伸びきった餅が前歯で千切られる。
この感覚は半生菓子を噛む感覚に近く、
水気が少なく密度が高い事を連想させる。

事実ゴロンと口に収まった「まめ大福」からは、
ネットリ絡み付く質感の餡子は現れない。
その代わりに濃厚なアズキの風味と、
ほのかで上品な甘さがフワッと漂い出す。
舌にポツポツ当たる丸い感触に促され、
舌にペタンと乗った餅を押し潰す。
するとボコッと崩れる様な感触の跡に、
優しい甘さがモッタリと餅を覆い始める。
ソレをモッタモッタと揉み始めると、
動きに合わせてアズキの風味が吹き上がる。
確かに水気は少ないが結束は強く、
しっかした口当たりと食感がある。
それひとつが個の様に纏まり躍動する中で、
細かいアズキの皮が引っ切り無しに舌を掻く。


しばらくすると餡子は水気を得て、
ネットリ強い粘りを発揮して餅と絡まる。
柔軟ではあるがコシが強い餅は、
引っ張ると少し伸びるだけで直ぐに千切れ、
そして噛み続けるとほのかに甘さが滲み出す。

また、餅が餡子と入り混じる中で、
サクサク潰れる丸い塊が何度も現れる。
そこから漂う素朴な味わいが、
控え目な餡子の甘さに輪郭を与える。
コクのある赤エンドウ豆の味わいは、
時折正体を現して甘さの中を駆け抜ける。

加えて餅から発せられる米の風味が、
アズキの濃い風味を一層引き立たせる。
それら全ての素材が伸び縮みを繰り返し、
小分けにされ次々喉を通過してゆく。
そして見る見るうちに小さくなった塊は、
遂に優しい甘さたけを残して、
全てが胃の中へ消えて行ったのだった。

人通りが絶える事が無い有名商店街の、
喧騒から逃れた片隅で出会える、
こだわりの「まめ大福」である。
その小ぶりな姿の中から想像できない程の、
濃縮された「豆大福」が味わえる。
つまり「豆大福」をギュッと圧縮したら、
『空薫』の「まめ大福」になった。
そんな考えに至たらせる路地裏の逸品である。



空薫(ソラダキ)
東京都台東区谷中3-11-12
11:00~18:00
月・火・水曜 定休(加えて不定休あり)
西口を出たら左へ進み、御殿坂を越えて谷中ぎんざへ入る。ゆうやけだんだんを下りて左手にある2本目の路地の奥。目印の看板アリ。

御菓子処 桝屋【東中神駅@青梅線】

つぶしあん つぶあん 昭島市 青梅線 豆大福 黒豆

f:id:tokio_daifuku:20160514225210j:plain

豆大福(つぶしあん):130円


東中神『菓子処 桝屋』の「豆大福」には、
黒豆が使われているという説明書きが、
菓子棚のいちばん上に置かれていた。
ソレをわざわざ店頭で告知するのは、
恐らくこの「豆大福」があまりに白すぎて、
一見すると豆が入ってない様に思うから。
などと勝手に思ってしまうほど、
この大きさ約56㎜の「豆大福」は白かった。

外観は美しい曲線を描きつつ全体を覆い、
筒型に近い楕円体に形成された姿を
透明のフードケースに収めている。
その光景は北極海に浮かぶ氷山の様で、
表面に塗された分厚い片栗粉は、
餅の上にいくつも氷紋を描き上げる。
その美しい白さと外観に見惚れて、
忘れてしまいそうだが、
目の前にあるのは「豆大福」である。
だが豆達はとても奥ゆかしく、
過分な存在感や自己主張等はない。
赤エンドウ豆よりも大きく、
濃く深い黒が輝く皮を持った豆が、
純白の下に身を隠している訳である。

しかし目の前に置いて見れば、
表面に出っ張りがある事も判り、
片栗粉の付き方に差がある事も気付く。
餅の色より少し濃いめの箇所もあるし、
その影にも濃淡がある事も気付く。
だがそもそも入っているのが、
大きく平たい黒豆なのである。
出っ張りの面積が広く大きいので、
緩やかな傾斜に見える効果を生む。
餅の下にぼんやり浮かぶ黒い影も、
黒豆なのか餡子なのか判り辛い。
加えて餅と片栗粉で色味が半減され、
もはや餅自体の影と大差がない。

指でつまむと片栗粉の下で、
強いハリで餅が突っ張る。
指先を滑らせる片栗粉が忙しなく動く中、
まとめて餅の中へ差し込む。
すると指の周りで餅が押し退けられ、
たわんで波打ちながら盛り上がる。
その指先にコツンと硬いモノが当たり、
現時点をもって大いなる安堵と共に、
この「豆大福」に豆が入っている実証を得る。

ようやく存在感を発揮し始めた豆が、
指先を受け止めてコレ以上の進攻を妨げる。
ゆっくり持ち上げると強かな重さが指に掛け、
カップの形をクッキリ残しながら中空に浮かぶ。
目の前に差し出された「豆大福」を、
改めてつぶさに観察してみる。
しっかり塗された片栗粉と餅の白が、
僅かな差でグラデーションを描き出す。
そこに浮かぶ黒豆と餡子の淡い影は、
瑪瑙を思わせる風合で表面に浮かび上がる。
その間も強靭な餅のハリは絶える事無く、
緩やかな曲線をいつまでも崩さない。

先ずはパクリと齧り付くと、
その感触が更に鮮明なモノとなる。
唇全体に乾いた片栗粉の質感と共に、
膜を張った様な餅の強力なハリが伝わる。
その下で黒豆の丸い感触が連なり、
石垣の堤防よろしく唇の前に連なる。
それを押し崩す為に力を込めてつつ、
前歯で切れ込み「豆大福」の分断を始める。

弾力はそのままで切れ目が入る餅から、
上品なアズキの風味が噴き出す。
それに導かれて爽やかな甘さが漂い出し、
瞬く間に口の中に満ちてゆく。
粒餡ながらサラサラ流れる様な舌触りは、
細かいアズキの皮がアクセントとなる。

一方、奥歯の間では餅に潜む黒豆が、
クニャッと押し潰される感触が伝わる。
すると強烈な塩気が爆発し、
ほんのり甘さが漂っていた口の中に、
あっという間に広がり塗り替える。
その稲妻の様な塩気の疾走に、
呆気に取られたまま餅を噛み千切る。

「豆大福」を両断して口に収め、
ひと噛み目で中の餡子がドロンと舌に乗る。
じわっと広がる上品で抑えた甘さの波が、
塩気が洗い流した甘さの記憶を蘇らせ、
餡子を送り出しが餅は寄り合い、
さらに強い弾力を発揮して口の中で弾む。
柔らかく滑らかな口当たりの餅は、
シットリ舌に伸びてモチモチと粘り、
ほのかに漂う甘さと共に米の風味が漂う。

弾むままモグモグ顎を動かすと餅の中では、
次々に黒豆が潰れ塩気が破裂を繰り返す。
柔らかい仕上がりの黒豆は皮ごと伸され、
塩気と甘さに加えて青味を漂わせる。
そして黒豆の塩気が消え去ると、
また餡子の甘さが漂い出い始める。
そんな事が口の中で何度も繰り返えし、
伸びやかな餅と滑らかな餡子と、
そして柔らかな黒豆がひとつになる。
そしてツルリと滑らかな口当たりになる頃に、
喉の奥へスルスル滑り込み消えて行く。

真っ白な姿に秘めた黒い衝撃が、
その数だけ一口目の喜びを与えてくれる、
何ともお得な逸品でありました。



御菓子処 桝屋
東京都昭島市玉川町2-3-7
9:30~19:30
火曜 定休
南口に出て右へ進み、ロータリーを迂回しながらくじらロードを進む。横断歩道を渡り左へ進み、都道153号線に出たら右にしばらく進んだ先。